労作展

アトリエは今ざわついています。。。すでにご依頼され開催が決まったイベントや公表できないイベント教室のお話がいくつかあるだけでなく、例年になく慶應の生徒さんが集中しているのです。

慶應普通部の労作展。私も何年か前に行かせていただきました。中学生のただの作品展と思ったら大間違い!

それはもう遥かに想像を超えた作品の数々。当時自分にも中学生の子供がおりましたので、その差に圧倒されて帰ってきたのを覚えています。

力作・大作揃いの労作展は毎年モザイクにチャレンジされてる作品がありました。モザイクは本当にコツコツと時間のかかる工芸で、それでいて完成したときの高級感、独特な質感、存在感というのがきっととても労作展向きなのでしょう。もともと、うちの教室には遥か昔、私が弟子になるより更に前から慶応の生徒さんが労作展の為の作品作りをしていました。

ここ数年は、毎年2人くらいのペースで通われる生徒さんがいたのですが、なんと今年は倍増。さらに幼稚舎の生徒さんも加わり、労作展塾さながらです。

まぁ、「慶応普通部労作展」とググると、トップページにKatsuブログが出てきてしまうので、きっとお目に留まっているのでしょう。有り難いことです。

 

労作展の作品は、普段通われてる生徒さんが数か月、数年がかりで作るような作品をいっきにひと夏で仕上げていくので、本当に大変そうではありますが、それだけに見ごたえある作品に仕上がっています。

私も今から楽しみです。

 

2016年06月07日