生徒さんのハンドルネーム

何度もお教室に通われるようになって常連のようになったお教室の生徒さんをブログで紹介する時、実名というわけにはいかないので、師匠はハンドルネームを使います。わたしの「かぐや」というのは、よく「家具屋?」と間違われるのですが・・・正しくは「かぐやひめ」です。ええ。わかってます。今さらいい歳して姫をつけるのは私自身恥ずかしい限りです。

これは、私が師匠と出会った幼稚園の正門を作ってもらった時に、そこに作られたかぐや姫のモザイクに由来します。

一度ハンドルネームがつくとブログ上だけでなく、普段の会話もその名前が全てになります。本名は知らないままなんてことも。お教室の手伝いなどで数名集まったりするときも、呼び合うのはハンドルネームですから、他から見たらかなり奇抜な集団でしょうね。

基本ハンドルネームは自己申告制です!

自己申告しない場合は、師匠に勝手に命名されます。(笑)

皆さん必ずエピソードがある名前なので、由来を聞くと面白いです。生徒さん同士がなにかの機会で初めて会うと「〇〇さんってなんで〇〇さんなんですかぁ?」なんて会話がよくあります。

なので、自分で決めたい方は教室中に申し出てくださいね。

 

2016年01月30日